ヴァーナル 成分 効果

ヴァーナル石鹸の成分は?どんな効果があるの?

ヴァーナルの成分

ヴァーナルの石鹸は「ニキビに効果がある!」「毛穴がスッキリ」「角質が落ちてツルツルになる」など、いい口コミがたくさんありますが、どのような成分が使われているのか?どんな効果があるのか気になりますよね。

 

こちらではヴァーナル石鹸の成分とその効果について詳しく紹介していきます。

 

ヴァーナル石鹸それぞれの成分と効果

ヴァーナルといえば「アンクソープ」と「センシティブザイフ」のW洗顔。
両方とも肌の安全性を考えて以下の成分は使われていません。

  • 石油系合成防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)
  • 石油系合成界面活性剤
  • 鉱物油
  • 合成色素

 

合成界面活性剤の有無が不安だった方は安心してください。
それでは「アンクソープ」と「センシティブザイフ」それぞれの成分を見ていきましょう。

 

アンクソープの成分と効果

アンクソープの成分


アンクソープの成分一覧
グリチルリチン酸ジカリウム、石けん用素地、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液、エデト酸四ナトリウム四水塩、アロエエキス、カモミラエキス、ドクダミエキス、黒砂糖、植物性スクワラン、ホホバ油、カンゾウ末、dl−α−トコフェロール、グリセリン、 1,3−ブチレングリコール、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、タルク、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、ポリエチレングリコール4000、エデト酸四ナトリウム二水塩、香料、黄酸化鉄、黒酸化鉄、グンジョウ、ベンガラ

ヴァーナルの「アンクソープ」は肌の生まれ変わりが遅くなって溜まっている古い角質を落としたり、毛穴に詰まった汚れや皮脂を落とすための石鹸。

 

この中でも特に注目の成分の効果についても説明します。

 

  • ホホバ種子油…肌の潤いキープ&過剰な皮脂分泌を抑える。
  • パーム油&パーム核油…汚れや皮脂を優しく洗浄する。
  • ドクダミエキス…肌の表面を健やかに保ち、肌荒れやかぶれなどの予防。
  • 甘草エキス…肌をしっとりさせ、肌荒れを防ぐ。
  • カミツレエキス…高い保湿力のある成分で肌のしっとりさをキープ。
  • 麦飯石…高い吸着力でメイクや汚れ、皮脂を取り除く。
  • スクワラン…肌をやわらかくし、古い角質を優しく落としてくれる。

 

センシティブザイフの成分と効果

センシティブザイフの成分

センシティブザイフの成分一覧
グリチルリチン酸ジカリウム、石けん用素地、ヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム液、エデト酸四ナトリウム四水塩、D−ソルビトール、ハチミツ、ブドウ種子油、シア脂、アボカド油、2−オクチルドデカノール、カミツレエキス、スギナエキス、セイヨウキズタエキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解コラーゲン末、1,3−ブチレングリコール、ビサボロール、ブドウ糖、グリセリン、香料、エデト酸四ナトリウム二水塩、酸化チタン、カラメル

ヴァーナル石鹸の白い方「センシティブザイフ」は16種類の保湿成分が配合された、肌の潤いキープとキメを整えてくれる低刺激の石鹸。

 

こちらの方がアンクソープよりも肌に優しい使い心地のため、朝の洗顔にもおすすめ。

 

  • カミツレエキス…高い保湿力で乾燥した肌をしっとりとさせる。
  • スギナエキス…肌の引き締め効果もある保湿成分。
  • セイヨウキズタエキス…肌荒れを防ぎ、キメの細かい肌に整えてくれる。
  • シア脂…植物性の脂肪で紫外線や乾燥から肌を守ってくれる。
  • アボカド油…ビタミンA・Eやミネラルが豊富。肌の乾燥を防ぎ、なめらかにしてくれる。
  • ビサボロール…肌荒れを穏やかにし、肌を清潔に保つ。
  • ハチミツ…ビタミン、ミネラルを含み、肌をなめらかにしっとりとさせてくれる。
  • ヒアルロン酸…保水力が高く、肌の表面に潤いを届ける。

 

以上がヴァーナルの成分と効果になります。
成分は詳しく見ても、分からないことが多いと思いますが、「合成界面活性剤」が入っていないことはポイント。

 

人によっては合成界面活性剤が肌荒れの原因になるので、肌が弱い方や敏感肌の方はヴァーナルのように「合成界面活性剤」が入っていない石鹸や洗顔料で優しく洗顔するようにしましょう。

 

こちらの記事もよく読まれています。
ヴァーナル石鹸の口コミ・評判は?年齢よりも若く見られたい方に